入試の成績に影響する算数の点数

 中学入試をひかえている小学生にとって、特に難しいのが算数の試験対策です。算数は他の科目のようにただ知識をそのまま暗記するだけでは通用しないことから、教える側の講師もわかりやすい授業を心がける必要があります。中学入試で出題される算数の問題は初歩的な計算の問題も多いですが、特に指導に重点を置くとよいのが正確な計算ができる能力です。簡単な計算問題であっても、単純な計算ミスで答えが間違ってしまう場合もあるので、一点の上下が合否の結果に大きく左右される中学入試では、とりかえしのつかない失敗になることもあります。

 中学入試の算数の試験で必要になる計算の能力は、基本的にはごく単純なものです。とりあえず、足し算と引き算、掛け算と割り算の四つの計算はミスをしないでできるようになる能力が必要です。足し算はこの中で一番簡単な計算に思われがちですが、生徒の中には簡単な足し算のミスで答えを間違う場合も多いので、正確な計算のための指導が講師には求められます。足し算のミスで特に多いのは、桁を間違えて計算してしまうミスです。特に桁が大きい数字どうしの計算では、数字を足す桁を間違えてしまう場合も多いので、あせらないで慎重に計算ができるようにするための指導が必要です。