算数ができる子の特徴は負けず嫌いで行動が早い

 塾の講師として中学入試の算数を指導していると、算数が得意な子はある一定の共通点があるということを知ることができます。それは何であるかというと、算数が得意な子は負けず嫌いが多いということです。負けず嫌いにも色々なタイプがありますが、算数が得意な子は自分の力で答えを導き出したいと考えることが多いです。そのような特性を持った子どもは、中学受験の算数に合っているといえます。
算数はどの教科よりも得意か苦手かが明確に分かれており、得点の差がつきやすいといわれています。したがって中学受験はいかに算数を攻略するかがカギとなっています。

 他にも行動が早い子も算数が得意であることが多いです。中学入試ではもちろん制限時間があるので、速く解くことを要求されます。したがってテストの時は、問題を一通り把握した後にすぐに解けそうな問題から取り組めるような生徒が得点が高い傾向です。行動が早い子は隙間時間を活用するのも上手い傾向なので、空いた時間には問題集を解いたりしていることが多いです。隙間時間であってもわずかな時間でこのような取り組みをしていくことは、確実に算数の能力をアップさせることにつながります。そのことを念頭において、算数の指導を進めるのがいいでしょう。